大阪でむち打ち@天王寺区の中谷整骨院・西淀川塚本
HOME>テーピング

テーピング

テーピング
テーピング

負傷後の強固な固定が出来ない場合や、
回復期の早期現場復帰・スポーツ開始の実施時に筋肉や関節の負担を軽減させ、
けがの予防、パフォーマンスの向上を目的に実施いたします。

けが予防のテーピングの場合
負傷部位に対し負荷が、かかりにくします。一般的にはテーピングは環状に巻きませんが、動作時に1~2時間のみ、末梢循環不全等に注意を払い施行する場合があります。
パフォーマンス向上のテーピングの場合
けが予防と同じく環状に巻くケースもありますが、正しい動作の意識付けや、
一時的に痛みを抑える事を目的とし、スポーツ競技の1シーンに施行します。
関節捻挫、肉離れのテーピング
二つの理由から、基本的にテーピングは施行しません。 損傷部位の経過を観察しにくい事が一つと、もう一つにはテーピングでは充分な固定力、安静が得られないからです。 捻挫や筋断裂の受傷直後は、損傷部位や程度に応じて処置法は異なります。
問い合わせ
問い合わせ